素材方針(Ingredients)

This post is also available in: English (英語)

定番商品の使用素材と方針についてご紹介致します。
2018年6月時点での素材の使用方針です。

変更がある場合はこちらに記載致します。
季節商品等は発表時の商品説明に素材の説明を入れさせて頂きます。

思い描く完璧な素材利用には至っておりませんが、お客様に心からの感動を味わって頂くため、使用する全ての素材について、味・食感・香り、身体・環境への効果、透明性・社会性等あらゆる視点から追求を続けて参ります。

カカオについて

  • チャクラ農法、自然栽培、農薬不使用(オーガニック認証は未取得)
  • エクアドル産アリバカカオ(カカオナショナルアマゾニア)、非遺伝子組み換え(認証未取得)
  • 指定組合(NAPO地域)からの長期買い付けによる品質の安定
  • 現地パートナーがAクラスの豆のみを選別
  • 品質維持のため全て空輸

ベースチョコレートについて

  • 基本チョコレートの状態で一般生菌数5000/g以下
  • MAMANOのオリジナルチョコレート以外の業務用チョコレート(クーベルチュール等)は使用しない
  • 基本のチョコレートには大豆レシチンを使用しない
  • カカオバターの追油は商品ごとに判断する

 

砂糖について

  • ベースとなるチョコレートにはさとうきび原料のエクアドル産砂糖(精製糖)を使用。エクアドル産非精製のオーガニックきび砂糖への変更を検討中。
  • フローズンドリンク、ホットチョコレート、チョコかき氷は、北海道産てんさい糖(非精製/含蜜糖)に切り替中。
  • ガナッシュ類にはデンプン原料の転化糖を使用。米飴等への変更を検討中。

乳成分について

  • 生乳100%の無脂肪牛乳を使用(脱脂粉乳や水等を追加していないもの)