東京・赤坂のチョコレート店「MAMANO」がリニューアルOPENキャンペーンを実施。3月1日~3月31日まで。/プレスリリース – MAMANO CHOCOLATE

東京・赤坂のチョコレート店「MAMANO」がリニューアルOPENキャンペーンを実施。3月1日~3月31日まで。/プレスリリース

スクリーンショット 2015-02-27 13.01.17

■概要
アリバカカオ専門のフェアトレードチョコレート店MAMANO(株式会社コータロー/代表取締役:江沢孝太朗/所在地:東京都港区)は、2015年3月9日(月)に、同ビル内1階路面側へ拡大リニューアルOPENいたします。お客さまへの感謝の気持ちを込めて、3月1日〜3月31日までの期間リニューアルOPENキャンペーンを実施いたします。

■詳細
リニューアルOPEN日:2015年3月9日(月)午前11時半〜
リニューアルOPENキャンペーン期間:2015年3月1日〜3月31日
キャンペーン内容:
1. ほっちょこ(ホットチョコレート)+スコーンを1コイン(500円/税込/通常価格680円)でご提供
2. アリバカカオの絵本「空飛ぶ化学者とチョコレート」をご来店者全員へプレゼント
(ソフトカバー版/非売品/ハードカバー参考価格:1,300円/税抜き)

■MAMANOとは?
2013年2月OPEN。
「MAMANO」という店名には、お母さんの手という意味が込められています。
アリバカカオというカカオの原種(カカオの母)を専門に扱っていることと、エクアドルのカカオ農家のママをイメージして、店名をつけました。

■アリバカカオとは?
非常に生産量の少ない、エクアドル産のカカオの原種。中でもMAMANOが扱うアリバカカオはエクアドルのナポ地域で、先住民約850の農家が栽培したものだけを使用しています。レシチンや乳化剤等の化学原料は一切使わず、原材料はカカオマス、カカオバター、砂糖、バニラビーンズのみです。フェアトレードで輸入することで、世界一絶滅危惧種の多いエクアドルの森林保護、生態系保護、先住民コミュニティの持続的発展への貢献を目指しています。

【取材・お問合せ先】
MAMANO(株式会社コータロー)
担当:江沢孝太朗
HP:http://mamano-chocolate.com/
FB:https://www.facebook.com/mamanochocolate
所在地:東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル一階TEL:03-6441-2744
MAIL:info@mamano-chocolate.com


☆MAMANOではアルバイトスタッフを大募集中!!詳しくはこちら

☆オンラインショップはこちら

☆フェイスブックページはこちら

☆メルマガ登録はこちら

アリバカカオ専門 フェア・トレードチョコレート店「MAMANO」

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目8番8号

赤坂フローラルプラザビル1階

TEL : 03-6441-2744


×
Welcome Newcomer