赤坂経済新聞にMAMANOのクリスマスケーキをご掲載頂きました!

同店は、世界初となるカカオの希少種「アリバ・カカオ」専門のフェア・トレードチョコレート店。アリバ・カカオは、カカオ発祥の地であるエクアドルで今も伝統的な自然農法で育てられているカカオの原種で、フルーティーで芳醇(ほうじゅん)な香りが特徴。
 クリスマスケーキは、直径12センチのチョコレートスポンジの中心にホイップクリームとチョコチップが入っており、「チョコレート専門店の究極のチョコレートケーキ」だという、アリバ・カカオのチョコレートをたっぷり使った「アルティメット」(5,000円)と、火星の表層をイメージしてラズベリーのピュレゼリーを使った真っ赤な「キュリオシティー」(5,500円)の2種類。
「キュリオシティーは火星探査機の名前。食べて行くと表層を掘るように違う味が楽しめるので、火星を探査する気分でワクワクしながら食べてほしい」と店主の江澤孝太朗さん。
 営業時間は平日=9時〜23時、土曜=11時〜21時。日曜・祝日定休。クリスマスケーキは300個限定。受け渡しは12月21日から。

赤坂経済新聞
http://akasaka.keizai.biz/phone/headline.php?id=1594

x