エクアドルで行われた『カカオ&グアユサラボ』に参加してきました! – ママノチョコレート
エクアドルで行われた『カカオ&グアユサラボ』に参加してきました!

エクアドルで行われた『カカオ&グアユサラボ』に参加してきました!

English version is displayed below.

(日本語版)

今週、ママノチョコレートは “カカオ&グアユサ ラボ "に招待されました! 

 

カカオ&グアユサラボとは?

グアユサとカカオの栽培、規制、調査に関わる最も重要な関係者(省庁、協会、NGOなど)が集まり、新しい情報を伝達し、これらのチャクラ製品(アグロフォレストリー)に関する課題、可能性、問題点について話し合う場です。



ママノチョコレートは、ウィニャック組合(エクアドル、ナポ州、アルチドナ)の長年の顧客であり、地元の関係者と非常に密接に協力している企業として、民間セクターを代表してこのような場に招かれました。


私たちにとって、こうしたフォーラムに参加することは、新しい調査結果や法律、市場のガイドラインについて情報を得ることができるので、とても光栄なことです。



ママノチョコレートは、持続可能性、環境保護、エクアドル・アマゾンの小規模農家のための公正な条件に重きを置いています。

このようなフォーラムに参加することで、このバリューチェーンに関連する地域や国の決定に関与することができます。



カカオラボで実際に行われたトピックは以下の通りです。

- 森林破壊を回避し、持続可能なバリューチェーンに関するヨーロッパの新法に準拠するためのカカオの森林破壊のモニタリングの実施。

- 小規模農家を支援するためのカカオチャクラの生産性向上戦略


グアユサのラウンドテーブルでは、主に次のようなトピックが取り上げられました。

- グアユサの原産地呼称について、グアユサの原産地である地域の先住民農家が生産するグアユサに付加価値を与えることを目的としています。

- グアユサに関連する新しいプロジェクトに関する情報(例:グアユサエキスの製造工場)

- エクアドルの大学とのグアユサの特性に関する共同研究

ママノチョコレートは、このようなフォーラムに参加できることを誇りに思うとともに、私たちの製品やそれに関連するバリューチェーンに関する最新の情報を得ることができ、またエクアドル・アマゾンの持続的発展に積極的に参加できることに感謝しています!

 

(Engish ver.)

The round table of Cacao and Guayusa

This week MAMANO-Chocolate was invited to the "Cacao and Guayusa Lab". These are spaces where the most important actors (ministries, associations, NGOs etc..) that are involved in the cultivation, regulation, investigation related to Guayusa and Cacao come together to communicate new information and discuss about challenges, opportunities and problems related with these chacra products.

MAMANO-Chocolate as a long term customer of Wiñak and as company that works very close together with local actors, is invited to these spaces to represent the private sector. For us it is a honor to be present in theses forums as we are informed about new results of investigation, laws and guidelines of markets.
MAMANO-Chocolate puts a lot of focus on sustainability, environmental protection and fair conditions for the Small farmers of the Ecuadorian Amazon. Our participation permits us to get involved in local and national decisions related to this value chains.

The actual topics of the cacao lab was
- the implementation of the monitoring of the deforestation in cocoa to be able to avoid deforestation and complete with a new European law of sustainable value chains
- strategies to increase the productivity in the cocoa chacras to support the small farmers

While in the round table of Guayusa the main topic was
- the denomination of origin of the Guayusa with the purpose to create an added value to Guayusa produced by the indigenous farmers in the area of the endemic home of the Guayusa plant.
- Information about new projects related to Guayusa; eg a factory for Guayusa extract,
- investigation with Ecuadorian universities about properties of the Guayusa

Mamano-chocolate is proud to form part of these kind of forums and grateful to be able to get the newest updates and informations related to our products and the value chain connected to them and last but not least, to be able to participate actively in the sustainable development of the Ecuadorian Amazon.