アグロフォレストリー&先住民コミュニティとの取り組み – ママノチョコレート

アグロフォレストリー&先住民コミュニティとの取り組み

ママノチョコレートが使う全てのチョコレートは以下の条件を満たしていることをお約束します。 

ママノチョコレートの約束

  • エクアドルナポ州熱帯雨林地域の先住民キチュア族で構成されるWINAK組合のカカオ(先住民100%、女性70%) WINAK組合からのメッセージ
  • WINAK組合と直接取引
  • カカオが高い価値を有しているため高い価格で購入(1kgあたり4.2$-5.5$/2022年実績では全顧客中最も高い価格。ダイレクトトレード。)
  • 伝統的なアグロフォレストリー(チャクラ)で育てたカカオ(先住民のフードセキュリティ、医療、現金収入、多様な生態系、豊かな土壌、気候変動緩和と適応に貢献)
  • 農薬不使用、化学肥料不使用のカカオ(USDA、nonEU141organic)
  • 伝統的なナショナル種(アリバカカオ)を使用。品種改良されたCCN51は基本的に育てていない。
  • 森林伐採のないカカオ(free-from Deforestation)。
  • 森林再生プロジェクトを実施
  • WINAK組合にはアグロフォレストリー農園126haと6088haの熱帯雨林(secondary forest含む)が登録。
  • 児童労働0(100% Child labor free)
  • 土地は全てWINAK組合に登録している先住民の農家が保有(先住民の土地の権利を重視)
  • 100%透明なバリューチェーン(ナポ州に現地メンバー在住)

ママノチョコレートが使用しないチョコレート

  • モノカルチャーカカオ(単一品種農園)
  • 品種改良されたカカオ(CCN51、スペルアルボ等)
  • 大規模プランテーションカカオ
  • 農薬使用カカオ
  • バリューチェーンに透明性がないカカオ

その他

  • チョコレートに入っているカカオバターはWINA組合以外のカカオを使用
  • 上記内容について直接ご質問いただければ詳細に回答します

 

2022年9月26日時点

ママノチョコレート 株式会社コータロー 

代表取締役 江澤孝太朗