2022年のカカオ購入開始 -エクアドル現地レポート- – MAMANO CHOCOLATE
2022年のカカオ購入開始 -エクアドル現地レポート-

2022年のカカオ購入開始 -エクアドル現地レポート-

 今年最初の農家訪問

ウィニャック組合の小規模農家の家族は、エクアドルのナポ県の上層部にある、手つかずの熱帯雨林に囲まれた自然の中で、分散したコミュニティで暮らしています。

 

彼らが栽培しているアリバ・カカオは1年中実をつけているわけではなく、自然のリズムによって、9月から10月頃に花が咲き始めます。

その4ヶ月後、最初の果実が緑から黄色に変化し、熟したことを示します。

この美しい黄色の実が、上質で香り高いママノチョコレートの始まりです。

 

果実の状態を確認

私たちはコミュニティを訪問し、今年最初の熟した果実を見つけることができるかどうかを観察しに行きました。

興味深いことに、標高の高い地域ではまだ熟した実がなっていませんでしたが、気候が暑い丘のふもとに住む農家では、すでに熟した実がなっていました。

 

農家さんに情報を共有

私たちは大部分のコミュニティを訪問し、農家の人たちに他の人たちに伝えてもらうようにしました。

これによって、各農家は収穫したばかりのカカオを自分の農場で直接ウィニャック組合(発酵乾燥等の収穫後工程によって、カカオパルプを高品質で上質な香りのするカカオにする役割)に引き渡すことができます。

 

ママノパートナー

ウリ

 

 

Start of cocoa buying 2022.

The small farmers families of the Wiñak association are living in dispersed communities in the upper region of the Napo province of Ecuador, surrounded by nature and untouched rainforest. The Arriba cocoa they cultivate is not giving fruits the whole year, it’s natural rhythm is to start flowering around September and October. Four months later the first fruits are changing its color from green to yellow, showing us that they are ripe.

This beautiful yellow fruit is the beginning of the fine and aromatic Mamano-chocolate.

We went out to visit the communities and to observe, if we can find the first ripe fruits of this year. It was very interesting to see, that the higher situated communities did not have ripe fruits yet but the farmers living more on the foot of the hills, where the climate is hotter, did already have ripe fruits.

We tried to go to the majority to the communities and told the farmers to tell the others so they will be waiting with their freshly harvested cocoa to sell it directly in their farms to hand it over to Wiñak where a cautious and experienced post harvest process will transform the pulpy beans into high quality fine and aromatic cocoa.