なぜ私たちはママノでの旅に情熱を注いでいるのか? Why do we have a passion for MAMANO’s journey – ママノチョコレート
なぜ私たちはママノでの旅に情熱を注いでいるのか? Why do we have a passion for MAMANO’s journey?

なぜ私たちはママノでの旅に情熱を注いでいるのか? Why do we have a passion for MAMANO’s journey?

(See below for the English version.)

<日本語版>

MAMANOは2013年にスタートしました。

私たちのブランドの特徴は、熱帯雨林を守ること、伝統的なカカオの品種を守ること、気候変動の緩和に貢献すること、小規模農家の権利を守ること、農家の発展に貢献すること、そしてお客様の幸せとママノメンバーの満足を両立させることと、それらを支える透明性です。これらを象徴的な一語で「サステナビリティ」と呼びます。


しかし、サステナビリティという言葉には、さまざまな側面があります。
私たちが重視しているサステナビリティとはどのようなものか、説明します。

 

まず、カカオの品種について。

ママノでは、エクアドルの伝統的な品種であるアリバ・カカオ(カカオ・ナシオナル)を全てのチョコレートに使っています。アリバカカオは世界でも最も素晴らしい風味を持ちますが、収穫量は少ない品種です。

CCN51やスーパーアルボなど、アリバカカオのような素晴らしい風味はないものの、収量の多い新品種がたくさん開発されています。それらは美味しいチョコレートにもなりうるものです。

私たちは、収量を上げるためにカカオの新品種を開発することに反対しているわけではなく、農家にとって良い面が多いというのは、私も同感です。

私たちは、品種の多様性を守りたいと考えています。もし、すべてのカカオが開発されたやや香りの劣るカカオと入れ替わってしまったら、アリバ・カカオの評判は落ちてしまうかもしれません。

だから私たちは、地元のカカオを、素晴らしい風味を持ち市場で高い価値を持つ特別なカカオとして保存することに力を注いでいます。

この特別なカカオをより高く買い取ること、そしてそのカカオを収穫する農家が、そのカカオを収穫し続けるモチベーションを高めることが、私たちの目的の一つです。

 

2つ目は、生物多様性と森林破壊についてです。

私たちはエクアドルの熱帯雨林でカカオを使っていますが、彼らの農園は果実、飼料用作物、樹木、薬草、そしてカカオやガユサ、バナナなどの換金作物と、まるで森の庭園のように多様性に富んでいます。

エクアドルの先住民族キチュワ族の言葉で「チャクラ」と呼ばれる農法は、森、生活、儀式、経済が一体となったものです。アグロフォレストリーとは少し違いますが、似ているところもあります。

チャクラ農法では、農薬や化学肥料を一切使いません。なぜなら、チャクラのある豊かな環境には、自然の肥料がたくさんあるからです。

一度、化学合成物質を使用すると、しばらくはオーガニックの認定を受けることができません。また、虫や菌、植物は目に見えなくても死んでいきます。

土、川、海はすべてつながっているので、森の中での農法は地球にとってとても大切なことです。

農園で化学肥料や農薬を使い、カカオだけを収穫するモノカルチャーは、多くのカカオを生産するためには効率的です。このような農法を否定するつもりはありません。土の状態、政治、天候など、農法を選択する理由にはさまざまな背景があるため一般化はできません。

強調したいのは、私たちがつながっている地域は、「チャクラ=森の庭」を実践してきた地域なので、このやり方を将来にわたって維持するか、短期的な効率を考えてモノカルチャーに変えるかの選択ができるということです。

そして私たちは、彼らが望む「チャクラ=森の庭園」のあり方を持続的にサポートしたいと考えています。

カカオのモノカルチャー農園を始めるには、熱帯雨林から多くの木を切り倒す必要があり、それは森林破壊につながります。

人間も動物も昆虫も植物も、地球上で生きていくためには豊かな熱帯雨林が必要で、エクアドルの熱帯雨林は地球上で最も重要な森の一つです。

私たちはそれを守りたいと願っています。


3つ目は、気候変動についてです。

気候変動を緩和するための「チャクラ=森の庭=伝統的なアグロフォレストリー」には、2つの側面があります。

1つ目は、先にも述べたように、熱帯雨林でカカオを収穫するために木を切る必要がないので、大気中の二酸化炭素を吸収する森を維持することができるということ。

2つ目は、チャクラシステムがモノカルチャーに比べ1haあたりの炭素の吸着量が大きいということです。

さらに、小規模農家は気候変動の影響を最も受けやすい人々の一人です。

彼らは自然環境に大きく依存しているので、この急激な気候変動は私たちよりも彼らに直接影響を与えます。

そのため、安易に森林を切ってはいけないと考えており、チャクラシステムなどのアグロフォレストリーシステムを導入する農家が増えてくれたら嬉しいと思っています。そして、その農家を多くの人が応援してくれることを願っています。

 

4つ目は、チョコレートが好きな方々にとってのメリットについてです。

森林環境や先住民農家への貢献(またはそのようなチョコレートを選ぶこと)は、個性的で豊かな風味のチョコレートを味わいたいチョコレート愛好家にとって、カカオの悪い面をあまり気にすることなくチョコレートを純粋に楽しむための1つの方法です。


自然環境は、ワインのテロワールのようにカカオの風味に影響しているので、豊かな自然環境の中でカカオを育てることは、チョコレートの嗜好品としての可能性を拡げてくれます。

 

5つ目は、「透明性」についてです。

今まで述べたことは全て良いことのように見えるのではないでしょうか。私もそう思っています。しかし、本当に社会的に良い企業であるためには、透明性が重要です。

そこで私たちは、地元の団体であるWINAK組合(約260のキチュワ族の農家と協力し彼らの良い生活、伝統維持、環境保全のために設立)と協働しています。

私たちは、価格面においても彼らのカカオを(他の彼らの顧客と比較して)最も高く評価し、値付けをしています。同時に、フェアプライス、フェアトレードはサステナビリティの1つの側面であり、そこだけを捉えてソーシャルグッドであるとは考えていません。


私たちは、ポストハーベストセンターにインターネットを設置し、彼らとお客様を直接つなぐことができるように寄付もしています。

主にカカオやチャクラシステムに関するイベントを開催し、お客様に直接知識や現実をお伝えしています。

サステナブルな世界を目指す、同じようなビジョンを持った人たちや団体をたくさんつなげていきたいと思っています。

 

6つ目は、バランスについてです。

私たちは、極端に過激なタイプの会社ではありません。例えば、パッケージをすべて自然由来のものに変えるべきだと思いますか?私たちもそうできればと願っています。

自然由来のパッケージをずっと探してきたのですが、率直に言って、今のところ私たちに合う素材は見つかっていません。

もし、すべてのパッケージを紙に変えた場合、何が起きるでしょうか?バレンタインデーまでの期間、ママノメンバーはかなりハードに働かなくてはいけなくなります。賞味期限が短くなるためです。繁忙期のチョコレート会社の従業員に関する悲しいニュースをご存じの方もいるかもしれません。

私たちは、プラスチック素材を少しずつ減らしています。ママノメンバーの満足とお客様の満足のバランスが取れるように、これからもできる限り減らしていきたいと考えています。

これが私たちのポリシーです。お客様の中には、もっと環境に配慮してほしいという方もいらっしゃいますが、私たちはこのような方針をとっています。

 

読者の皆様へ

私たちは、同じ情熱と未来へのビジョンを持った人やグループと、より多くつながっていきたいと考えています。

私たちは、チョコレートショップであるだけでなく、チョコレートショップやベーカリーショップなどプロ向けのチョコレートメーカーでもあり、カカオやいくつかのアマゾンの食材を日本、アジアに輸入する会社でもあります。

私たちの製品とのコラボレーションやテイスティングをご希望の方は、ぜひご連絡ください。多くの方に私たちと一緒に歩んでいただければ嬉しいです。

江澤 孝太朗

MAMANO CHOCOLATE代表

 

<English version>

Why do we have a passion for MAMANO’s journey?

We started MAMANO in 2013. Our features of the brand are saving the rainforest, saving the local plant varieties, contributing to mitigating climate change, saving the rights of small farmers, contributing to the development of the farmers, and transparency, with our customer's happiness and worker's satisfaction in balance. These are called "sustainability" in one symbolic word.

However the word sustainability has many aspects.
Let me explain what kind of sustainability we have focused on.

Firstly, about a variety of cacao.

We have used only Arriba Cacao(Cacao Nacional) which is a local species in Ecuador and has one of the most wonderful flavors in the world, though is low yielding.

There have been invented many types of new cacao varieties such as CCN51 and Super Arbo which have good yield though don't have a fantastic flavor as Arriba Cacao.

I want to say we are not against inventing new cacao varieties for good yieldings. I agree with there are many good aspects for farmers.


We want to save the diversity of the varieties.

If all cacao is alternated with the invented cacao, the fame of Arriba Cacao will be declined. So we put our position into saving the local cacao variety as special cacao with fantastic flavor and having a high value in the market.

One of our purposes is to buy the local special cacao with a higher valuation, directly saying, to pay more for the farmers which harvest the cacao for their motivation to keep harvesting the variety.


Secondly, about Biodiversity and Deforestation.

We have used cacao in the rainforest of Ecuador, their farms are diverse in fruits, crops for feed, trees, medicinal plants, and cash crops like cacao, guayusa, and banana in the forest garden.

The farming way is called "chakra" in the Kichwa indigenous language of Ecuador, is combined with forest, life, ritual, and economics.

It's a little bit different from "agroforestry", though it has similarities.

Chakra farming way doesn't use any pesticides and chemical fertilizers because there are many natural fertilizers in chakra, rich environments. If you once used any chemical compounds, you don't get the certification of organic for some duration. Also, insects, fungi, and plants will die even though you can't see them. Soil, river, and sea are all connected so the farming way in the forest is very important for the earth.

Monoculture which only harvests cacao with chemical fertilizer and pesticide on the farm is efficient for producing a much quantity of cacao. Let me be clear, I don't intend to deny this type of farming.

There is a lot of context behind the choice of the farming way such as the condition of soil, politics, weather conditions, and so on. I want to emphasize the region we are connected to that has been practiced "chakra = forest garden" so that they have a choice to maintain this way for the future or to change it to a monoculture for efficiency in the short term. We want to support the way of "chakra = forest garden" as they want to sustain.

To start the monoculture farm of cacao, you need to chop down many trees from the rainforest which would lead to deforestation. All humans, animals, insects, and plants need the rich rainforest for living on the earth, and the rainforest in Ecuador is one of the most important forests on the earth. We want to save it.

 

Thirdly, about Climate change.

There are 2 aspects of "chakra = forest garden = traditional agroforestry" for mitigating climate change.

1st, as I mentioned above, they don't need to cut down the trees to harvest the cacao in the rainforest so that there would be a forest to absorb the CO2 in the atmosphere.
2nd, the chakra system is to contribute to carbon absorption compared to monoculture.

Furthermore, small farmers are one of the most vulnerable people to the climate change effect. They are highly dependent on the natural environment so this rapid change in the climate would affect them directly more than us. So I believe we shouldn't cut the forest easily and I hope farmers would adopt the chakra system or some other agroforestry system. I also hope a lot of people would support these farmers.

 

Fourthly, about the advantage of chocolate lovers.

Contributing to the forest environment and indigenous farmers (or selecting that kind of chocolate) is one way for chocolate lovers who want to taste unique, richly flavored chocolate to genuinely enjoy chocolate without worrying too much about the bad aspects of cocoa.

The natural environment is affected by the taste of cacao like wine's terroir.

 

Fifthly, about the Transparency.

Those look everything good, right?

I think so too. In order to be a really socially good company, transparency is important so we have directly worked with the local association WINAK which is an indigenous organization that works for their good life, maintaining tradition and saving the environment with the cooperation of around 260 Kichwa farmers.

We value and price their cacao the highest (compared to their other customers) in terms of price. At the same time, fair price and fair trade are one aspect of sustainability, and we do not consider them to be social good in isolation.

We have donated to them to set up the internet in the post-harvest center to connect directly between us including our customers. Mainly events about cacao and chakra system have been held to impart knowledge and reality to the customers directly.

We want to connect many people and organizations which have similar visions and passion for a sustainable world.

Sixthly, about the balance.

We are not the type of extreme radical company.
For example, do you think we should change all the packages to being made of natural sources? Yes, we hope so too. I have been searching for a naturally sourced package for our chocolate, but I couldn't find the material for now to suit us. What would happen if all packaging were converted to paper?

Mamano members will have to work very hard until Valentine's Day. That’s because the expired date is shorter if we pack the chocolate by paper. You may have heard the sad news about the employees of a chocolate company during the busy season.

We have reduced the plastic material gradually and would reduce as possible as we can find a balanced way of worker's satisfaction and customer satisfaction as well. This is our policy. We are sorry some customers want us to be more good for the environment, but we have this
kind of policy.

For readers.

We want to connect more people and organizations which have the same passion and vision for the future. We are not just a chocolate shop but also a chocolate maker for professionals such as a chocolate shop, bakery shop, and so on, and cacao and some amazonian ingredients importer in Asia.

Please contact us to collaborate with and taste our products.
Thank you for reading this article. These are the reasons that we have the passion to work for MAMANO. We hope many of you will walk with us.

Kotaro Ezawa
CEO of MAMANO CHOCOLATE