エクアドルでの全国ストライキとママノの影響について The national strike in Ecuador and how was M – MAMANO CHOCOLATE
エクアドルでの全国ストライキとママノの影響について  The national strike in Ecuador and how was Mamano affected?

エクアドルでの全国ストライキとママノの影響について The national strike in Ecuador and how was Mamano affected?

(See below for the English version.)

<日本語版>

ニュースでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、2022年6月にエクアドルで先住民族の団体や組織による大規模なストライキが行われました。

[FT]反資本主義のエクアドル先住民、中道右派政権にデモ

日経新聞

その理由は、社会的不公正、エクアドルの犯罪率の上昇、ガス料金の高騰、教育、特に大学へのアクセス改善と戦うためでした。

山岳地帯の先住民は非常によく組織化されており、自分たちの権利のために非常に積極的に戦っています。

そのため、全体的な抗議行動は、山間部と首都キトで行われました。
警察や軍との戦闘で、多くの負傷者が出て、死者も出ました。

しかし、ママノとウィニャック協会が活動しているアマゾン地域でも、ストライキは仕事の過程と日常生活に大きな影響を及ぼしました。 

暴力的な行為もありましたが、抗議を表明し、人々が政治に同意していないことを政府に知らせるための、より一般的な方法は、道路を封鎖することでした。

そのため私たちは合計18日間外部の供給から事実上隔離され、あちこちが封鎖されたため、コミュニティや都市から他の場所へ自由に移動することができなくなりました。

その結果、山で栽培されているタマネギ、トマト、ニンジン、サラダ、卵、そして牛乳などの工業製品から、少しずつお店が空っぽになっていきました。

食事もその土地で採れたものでしか作れなくなり、興味深い体験となりました。

道路の封鎖に加え、ガソリンスタンドのガスが止まってしまったので、道路はほとんど通れず、ガソリンがなくなってしまったので、移動はさらに困難になりました。

時々、ガソリンのトラックが1台来るのですが、人々は2時間ほど列に並んでガソリンを入れなければなりませんでしたが、ほとんどの人はうまくいかず、また空のタンクで家に帰らねばなりませんでした。

ママノとエクアドルのウィニャック組合は、幸いにも次の2つのチョコレート製造のためのカカオの買い付けをすでに終えていたので、不可能であろうカカオの買い付けのためにコミュニティからコミュニティへ移動する必要はありませんでした。

通常の買い付けの様子

しかし、カカオ豆をグアヤキルの工場まで運ぶにはアンデス山脈を通過しなければならず、それは出来ませんでした。

幸いにも、エクアドル大統領ギジェルモ・ラッソと先住民族リーダー、レオニダス・イザが、先住民族組織が求めていた改善策に取り組むことに合意し、ストライキはあっという間に終了しました。そして、少しずつトラックが到着し、道路の封鎖は解除され、すべてが正常に戻りました。

ストライキ終了後にカカオ豆の運搬手配完了

先住民族組織は、政府に90日間、要求された改革に対する譲歩を示すことを求めましたが、もし彼らがその変更に満足しない場合は、約3ヶ月後に新たなストライキを起こす可能性があります。その必要がないことを祈りたいと思います。

カカオコーディネーター ウリ エクアドル在住

ママノチョコレート
https://mamano-chocolate.com/

最新情報はこちらでチェック▼
ライン・メルマガ登録
公式Twitter
公式Instagram  
公式フェイスブックページ

 

<English version>

The national strike in Ecuador and how was Mamano affected?

As some of you might have read in the news, there was a big strike in Ecuador in June 2022 conducted by the organizations of the indigenous groups and organizations in Ecuador. 
The reason was to fight against social injustice, raising criminality in Ecuador, high prices for gas and better access to education, specially to universities. 
The indigenous people of the mountainous region are very well organized and very aggressive in fighting for their rights. So the overall protests took place in the mountains and in the capital Quito. 
The fighting against the police and the military caused a lot of injured people and even some deaths. 

But also in the Amazon region were Mamano and the Wiñak association are working, the strike affected the work processes and the daily life significantly.  There were some violent activities but the more common way to express the protest and to let the government know that people do not agree with the politic, is blocking the  roads. So we were practically isolated from any supply from outside for a total of 18 days  and could not move freely from one community or city to the other as there were blockages all over. 

The affect was, that the shops got empty little by little, starting with the products that are cultivated in the mountains, as onion, tomato, carrots, salad, but also eggs and little by little also milk and all other industrialized products. This was an interesting experience as we were forced to use only regional products to prepare the meals. 

Additionally to the road blockages the gas in the gas stations went out, so there was almost no traffic on the roads and a mobilization was even more difficult as there was no gas anymore. Sometimes one truck of gas arrived but people had to stand in queue for about 2 hours to fill their car but but most of them had to drive home without success and an empty tank again. 

Mamano and Wiñak did luckily already conclude the cocoa buying for the next two chocolate productions so we did not have to mobilize from community to community  to buy more cacao which would have been impossible. But we could not bring the cocoa beans to the factory in Guayaquil meaning to drive passing the andes, which was absolutely impossible. 

Luckily and as fast as the strike begun it was finished due to a signature between the Ecuadorian president, Guillermo Lasso, and the indigenous leader, Leonidas Iza, agreeing to work on an amelioration of the points, the indigenous organizations were fighting for. Little by little the trucks could arrive, the blockages of the roads were cleaned and everything went back to normality. 
The indigenous organizations gave the government 90days to show concessions to the demanded reforms, if they are not happy with the changes, a new strike can be possible in about 3 month. Let’s hope that it will not be necessary.