「0円食材=捨てていた未熟リンゴ」に、ショコラで新しい価値をつける挑戦。

「0円食材=捨てていた未熟リンゴ」に、ショコラで新しい価値をつける挑戦。

チョコレートに合わせる美味しいフルーツを求めて、福島県の果樹農園「伊達水蜜園」に行ってきました。アテンドしてくれたのはベリーズガーデンの影井愛実さん。

自身でも果樹農家として働きながら地域の果樹園と連携してベリーズガーデンの活動を行なっています。

果樹王国ふくしま。福島発アグリブランド。『Berry’s Garden〈ベリーズガーデン〉』
「Pocket of “love berry” time:日常のちょっとしたスキマに、愛、実る時間を。」 をテーマに、クオリティや想いを大事にした日常の一息つけるスキマ時間を幸せに感じられるアイテム・イベント・ライフスタイルを提案しています。

伊達水蜜園の佐藤佑樹さんに果樹農園を案内していただきました。
さくらんぼが全盛期!品種は佐藤錦、ナポレオン。

その中に1本だけ色の濃いアメリカンチェリーの木がありました。
なぜ1本だけアメリカンチェリーの木があるのかを聞くと、先代からあった木で売る予定で考えてなかったとのこと。
普段はさくらんぼ狩りにいらっしゃる方にプレゼントしているとのことでした。

食べてみるとしっかりとした甘みがあり、すごく美味しいアメリカンチェリー!何個も手が伸びてしまいます。

佐藤錦もすごく甘くて美味しいし、ナポレオンは酸味が効いていて青リンゴのような爽やかさ持っていて扱いがいがあるなーと思いましたが、今回は”売る予定がなかった”アメリカンチェリーの木になっているさくらんぼを全て買わせていただくことにしました!夏用の爽やかなボンボンショコラに仕上げようと思います。

桃とリンゴとぶどうも見学。
そこで影井さんから相談いただいたのは、摘果(てきか)という過程で捨ててしまう小さく未熟な桃やリンゴについて。

桃は若桃の甘露煮として福島の名物になっています。
リンゴについては今の所摘果した小さく未熟なリンゴは全て木の下に落として捨ててしまっているらしいです。
もったいないのでどうにかできないか、ということですが、まず味を確かめないと・・・ということで食べてみます。

紅玉の未熟果は酸っぱい!そして渋みもあります。けど意外と柔らかいし好きな酸味。フジは渋みとえぐみが強く厳しいかなーという印象。
グラニースミスは酸味がぎゅっと詰まっていて固い!

これまで捨ててきたもの新しい価値をつけて全く新しい味のショコラを提供できれば、農家さん、ママノ、お客さん、みんなが喜んでくれる仕組みが作れるのでは?!という話になりました。

ので、これからシェフとともに未熟な青リンゴを使って夏のボンボンショコラとして美味しさと驚きを提供できるように模索してみます。

アリバカカオをダイレクトトレードで扱い続けるママノは、今後日本全国の食材ともダイレクトな関係を築いていきます。

そして、驚くほどに美味しいチョコレート作りを基本に、もったいない食材を使った三方良しのチョコレート作りに挑戦していきます。

0円食材に価値をつける

どこかの番組で見たような気もしますが、そんな試みになっていくと思います!

 

 

 

来年の銀座店に向けて接客・販売社員

ショコラティエ

を積極募集中です!

 

x